閉じる

電器屋の2階より~大掃除しました。ナウシカの話からゴミのお金の話。

こんにちは。

だんだんとムシムシする日が多くなってきました。

湿気でかゆくなる私にはこの梅雨の時期は春の花粉の時期と並んで不快指数高です((+_+))

先日、物置と化していた元応接間を一人で大掃除しました!

私は家具と壁の間に隙間がない配置は、掃除が行き届きにくくて嫌いなので

とにかく掃除がしやすく、物置化させないためには不用品の断捨離が急務!

軽トラに荷台がパンパンになりました・・・。

それを予約していた環境清美局さんへ。

なんて便利なんでしょう!

実は独身時代は、不燃ごみや何ごみかわからないものの捨て方が分かりませんでした。

あらゆるものの捨て方を知っておくというだけで

心もスッキリします。

でも、自分の家からなくなればそれでスッキリかというと、

やはりその先の処理のことも気になります。

先日マリアナ海溝についてなんとなく調べていたとき

海溝に住む甲殻類から50倍の汚染物質が出てきたという記事を見ました。

人間が出したごみで人間以外の生き物が苦しむというのも

大きな流れの中では必然なのでしょうか。

皆さんもよくご存じのジブリの風の谷のナウシカは

オウムの怒りをナウシカが鎮めたところで終わっていますが

 

~~~漫画版をこれかた読むという方にはネタバレになるのでここから下は読まないでください~~~

 

 

漫画版ではナウシカたち人間は、汚染された環境に適応するために作られた人間だと書かれています

そして腐海の脅威のない清浄な世界になると、ナウシカたちはもちろん、動物たちも血を吐いて死んでしまうそうです。

しかしナウシカがそこで憤ったのは、鳥や動物たちはなにも関係がないということです。

再利用、再資源化ができないゴミは埋め立て処分となります。

土地にも限りがありますし

人間だけが安全に暮らせればいいということは無いと思います。

私の大好きな島耕作さんも、企業が廃棄段階まで責任を負うべきだと言っています。

作る側は廃棄のことまで考えて作り、

買う側も意識して選ぶ。

たとえば私は家電製品を納品させていただいた際、過剰包装がとても気になります。

お客様にこれから使っていただく大切な製品なので

傷つけないような配慮はあって当然なのですが

段ボールがあってビニールが何枚もあって発砲スチロールがあって、、。

特に発砲スチロールや蛍光灯は事業者が捨てるには費用が掛かります。

家庭ごみとして出す分には無料であることがほとんどなので

一般のご家庭ではまだまだこの事実は浸透していません。

捨てることからお金を徴収するよりもまず、

販売の前、工場での梱包の段階で、過剰包装の有無を製品価格に反映させるか

そもそも梱包方法を見直してほしいと思います。

何事にも必ず裏と表はありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2020 キタハタ電器 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.