閉じる

洗濯槽のお掃除

いつもは重曹とクエン酸でやっていたのですが

なかなか納得のいく結果にならず

どうやったら綺麗になるかずっと考えていました。

確実に汚れていると分かっているのに手の届かない部分って

とても嫌ですよね(;_:)

だから私は家具の配置にしても

なるべく家具同士・家具と壁をピタッとくっつけないように置いたり、

掃除がしにくい、できない死角を減らすように物もあまり持たないように

気を付けています。

さて、そんな神経質な私にとって水回りの死角は特に重大なストレスになりうる場所で

とりわけ悩んでいたのが洗濯槽なのです。

そんなとき、部屋を片付けていたらたまたま洗濯槽クリーナーが出てきました。

専用のものをいまいち信用できず使ったことがなかったのですが

その日の晩、さらさら~と入れて水を満水にし、数回洗いをして放置しました。

翌朝、洗濯機を開けて思わず「うわあ・・」と声が出ました。

まず、泡がもこもこ!

その中にたくさんの黒カビ汚れが浮き上がっていました。

この中で洗濯をしていたのかと思うとぞっとしました・・・。

重曹とクエン酸でも泡はできるのですが

そこまでもこもことした泡はできなかったので

やはり専用のものは違うなあと感心しました。

洗濯槽の見えない裏側は

あれくらいの泡がなければ綺麗にできないでしょう。

そこからはひたすらゴミを掬い取ります。

一通り救っては水を入れて2分ほど洗う、

を気が済むまで繰り返して

最後は洗濯機に元々ついている洗濯槽掃除の機能を使って終了です。

↑我が家の洗濯機は日立のBWです。

見えない部分なので、実際のところは分かりかねますが

自分でできる限りのところは綺麗にできたので

気持ちがとてもすっきりしました!

ただし!!!

この洗濯槽掃除、とんでもなくお水を使います。。。(;_:)

綺麗にしたいという思いと、水道代への罪悪感がせめぎあいます。

本当は洗濯槽をよいしょと外して

ブラシでゴシゴシしたい・・・

ただ、それは掃除をする体力があるからそう思うだけで

今の世の中においては

自動お掃除が主流になるのは当然でしょう。

分かってはいるけど、

部品が少なく、

構造が簡単で、

軽くて、

自分で取り外して掃除ができる

そういう家電を求めます。

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2020 キタハタ電器 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.